頭蓋仙骨治療(クラニオセイクラルセラピー)

頭蓋仙骨治療というのは、アメリカのDOのジョン・アプレジャー博士が考案した療法です。

一言に整体といってもいろんな理論を持ってその治療効果を説明しますが、この頭蓋仙骨治療というのは簡単に言うと、頭蓋骨から脊椎を通って仙骨まで常にあるリズムを持って循環している脳脊髄液の循環を整え、その滞りをなくしていくことによりその人自身が本来持っている自然治癒力を高めていく療法です。

アプレジャー博士はこの療法を、DOの間だけではなく一般にも開放し、簡単に出来るように10のステップにまとめました。これがいわゆるテンステップテクニックといわれるもので、最近では日本でもいくつかの団体などで講習会が開かれています。

このテンステップの基本的な簡単な流れを説明すると、まず最初に
①脳脊髄液のリズムを確認し、そしてCV4と言われるテクニックを使ってこの脳脊髄液の流れを活性化します。そして、
②この流れを阻害しやすい隔膜を順番に開放していき、次に
(③~⑧)頭蓋骨の主だった骨の開放を行っていきます。そして
⑨再び脳脊髄液のリズムをチェックして、
⑩CV4によって脳脊髄液の流れを活性化して終わります。(○数字で表したのがテンステップの10のステップです。)

※参考文献
  ・「もうひとりのあなた」 ジョン・アプレジャー 科学新聞社
    アプレジャー博士がこの頭蓋仙骨治療を考案した過程やその後の臨床体験が物語風にかかれ
    ていて、非常に分かりやすく面白い本です。また、頭蓋仙骨治療から発展して考案された体性
    感情開放についても少しだけ書かれています。頭蓋仙骨治療について知りたいなら一押しの本
    です。

※これを書いた当時はあまり情報がなかったので上記の様に書いてありますが、現在多く行われているのは頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルワーク)はサザーランドに始まるクラニアルオステオパシーの流れをくんだもので、その系譜の中に頭蓋仙骨治療(クラニオセイクラルセラピー)もあるという様に考えた方が良いかも知れません。

もうひとりのあなた―頭蓋仙骨治療法体性感情解放法

もうひとりのあなた―頭蓋仙骨治療法体性感情解放法 [書籍]

著者J.E.アプレジャー, 仲井 光二

出版社科学新聞社

出版日1994-05

商品カテゴリー単行本

ページ数173

ISBN4905577306

Supported by amazon Product Advertising API

クラニオセイクラル・オステオパシー

クラニオセイクラル・オステオパシー [書籍]

著者トルステン・リーム, トビアス・K・ドプラー

クリエーター平塚晃一, 早川敏之, 吉水淳子

出版社ガイアブックス

出版日2014年1月25日

商品カテゴリー単行本

ページ数392

ISBN4882828952

Supported by amazon Product Advertising API

クラニオセイクラル・リズム (GAIA BOOKS)

クラニオセイクラル・リズム (GAIA BOOKS) [書籍]

著者ダニエル・アグストーニ

クリエーター高澤昌宏

出版社産調出版

出版日2011年5月25日

商品カテゴリー単行本

ページ数376

ISBN4882827972

Supported by amazon Product Advertising API

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

サブコンテンツ

※現在、愛知県の主に豊田市周辺で新陰流の剣術の稽古を行っています。
若干名(1~2人位?)本気で稽古したい人を募集します。
希望される方は誠意のあるメールをお願いします。
トンデモメールは基本的に無視します。

このページの先頭へ