ストレイン・カウンター・ストレイン

ストレイン・カウンター・ストレインというテクニックは、アメリカのDO(ドクターオブオステオパシー)のローレンス・ジョーンズ博士が臨床の中で偶然発見した方法で、一言で説明すると、骨のずれや硬結を取り除くのに、もっとも楽な姿勢を一定時間取らせることにより調整するというテクニックです。

Tenが知っている中では、痛みをすぐに取り除くという意味ではもっとも単純で簡単な療法の一つだと思います。
(ただ、ちょっとばかり時間がかかることと、騒がしい場所では被施術者が力を十分に抜くことが出来ず難しいという難点もあります。また、十分に説明を行ってから施術を行わないと勝手に動いてしまい、なかなか効果が出ないなんて事もあるので、気をつけないといけません。)

もう少し具体的にこの療法を説明すると、まずうつ伏せ(または仰向け)になった状態で、硬直した筋肉を相手の力を完全に抜いた状態(完全脱力)でもっともその硬直の無くなる姿勢に動かして、(つまり、被施術者が自分の力で姿勢を変えることなく、施術者が姿勢を動かして)(一般的には90秒間)その状態を持続させ、またもとの姿勢にもどします。
こうすることにより元の姿勢でも硬直の無くなった状態が継続される。つまり硬直が取り除かれ、其れによりずれていた骨も正しい状態に戻るというようなテクニックです。

このテクニックを行う場合、この硬直が取り除かれる姿勢というのはある程度パターンがあって、其れをもとに触診により硬直の無い位置を探し出す必要があります。
この位置というのは、例えば骨がすれている場合はさらにずれる方向に体を動かしてやる事によって見つけることが容易に出来る場合が多いです。
サブコンテンツ

※現在、愛知県の主に豊田市周辺で新陰流の剣術の稽古を行っています。
若干名(1~2人位?)本気で稽古したい人を募集します。
希望される方は誠意のあるメールをお願いします。
トンデモメールは基本的に無視します。

このページの先頭へ